ブログのネタ切れへの対処法

Pocket

オレ:「ああ、そうだ、ブログ更新しなきゃ!(おもむろに管理画面を開く)」

オレ:「あ、あれ?何を書けばいいんだっけ???(軽く錯乱)」

オレ:「……」(30分経過)

「あーーー!もう何も思いつかん!俺、才能無いのかもなあ(しょんぼり)、チーン(終了)」

【関連記事】

読者の心を動かす「ブログ記事の書き方」-アフィリエイトにも効く!

なーんてことが月に2,3回はあるもんだ。皆さまもそういう経験をお持ちではないだろうか?

というわけで!ブログのネタ出しの方法を紹介するぜ!

欲がつっぱって書けないときは無欲になろう

「マジのガチで何を書いてもいいんだ!それがブログの特権だよ!」

みんなに読まれる記事を書きたい!アクセスが欲しい!等と欲望が暴走機関車になっていると、めっちゃすげー記事を書かなきゃ(義務感!)ってなっちゃう。

そういう心の動きのときはプレッシャーマックスでアイデアが委縮しちゃうのだ。そりゃ何を書けばいいか分からなくなってしまうよね。

そういうときは悟りの境地を極めた禅僧の如く欲を捨てよう!無欲万歳!自己満足記事でもいいじゃない。稀に自己満記事なのにやたらアクセスを稼いでくれる記事もあるし。

インプット・アウトプット

九九を習わなければまともに計算できない。ネットを閲覧したり雑誌や本を読まなければ情報発信はできない。情報のインプットはブログ記事のガソリンだ。

もしかしてネタを思いつかない原因は「ガス欠」なんじゃない?

そんなときはいろいろなメディアに触れるといい。メモ帳を片手にテレビを観たり、はてなブックマーク・Yahoo!知恵袋・Naverまとめ等々を読むのもおすすめだ。

そして興味を感じるキーワードを見つけたらそこから記事を展開すればいい。

面白そうなキーワードを発見しさえすれば後は「〇〇についてのまとめ」、「〇〇の歴史を調べてみた」、「〇〇についての感想と考察」etc…たくさん記事案を出すことができるはずだ。

尚、あるキーワードの関連ワードを探すときはhttp://kouho.jpというサイトがめっちゃ便利だ!例えば、このサイトに[チーズケーキ]と入力するだけで24個の関連キーワードを提案してくれる。

インプットはアウトプット(記事執筆)の母なのだ。

属性着目法で発想する

「属性着目法」とは筆者が勝手に創った造語だ。変な言葉作ってすみません!

例えば「赤」という属性に着目して部屋・窓の外・PC等を見渡してみて欲しい。筆者の周囲であれば、「赤」という属性を持っている物には「光学式マウス、ヒゲソリ、胃薬、心理学の本、ティッシュ、マスク、バスタオル、印刷ショップ」等がある。

その他にも「尖っている」、「小さい」、「熱い」など好きな属性に着目して、周囲を見渡せばたくさんのキーワードに出会える。

こうしてブログ記事のネタが見つかるという寸法だ。属性着目法。悪くない思考ツールじゃないか!

体験資産を活用せよ

トラウマ以外のあらゆる体験は資産だ。最高級のブログの材料になる。

体験には以下のようなものがある。

  • 商品使用体験(⇒過去に購入した物のレビュー記事)
  • 旅行体験(⇒旅行先のレビュー記事)
  • アルバイト体験
  • 合格体験記
  • 不合格体験記
  • 成功談
  • 失敗談
  • 面白かった事
  • 最近鑑賞した映画、ドラマ、漫画、アニメ

はぁはぁ(*´Д`)挙げるとキリがないのでこの辺にしておこう。上記の体験はどれもコンテンツとして価値の高いものばかりだ!

最終兵器「シャワー」

シャワーを浴びるとなぜかアイデアが湧くという人は多い。ここまできたら物理的手段に訴えるまでだ!シャワーへGO!それでも無理なら今日はちょっとだけ調子が悪いのさ、ジョセフ。少し疲れているだけだよ。2,3時間仮眠をとるといい。ここは俺がやっておくから……。

あわせて読みたい