ネットショップのためのSNS広告の効果的運用方法


はじめに

恐らくほとんどのネットショップにとって最も費用対効果が期待できる有料広告はYahoo!プロモーション広告です。しかしSNS広告に興味を持っている方もいらっしゃるでしょう。この記事ではSNS広告初心者のネットショップ店長様またはこれからECサイトの開業を考えている方を対象にしたSNS広告の入門記事です。

Facebook、Twitter、LINE@、Instagramに対応しています。

【関連記事】

SNS広告とは?

SNS広告とは例えばTwitterであればそのタイムラインに有料で広告を露出できるサービスです。Yahoo!プロモーション広告やGoogleアドワーズ広告ではリーチできない層に広告を露出させることができます。

ソーシャルメディアの広告媒体としての強みは各ユーザーの詳細なプロファイル情報をメディア側で把握している点です。居所や性別はもちろん趣味趣向も正確に把握されています。従ってこうしたユーザー個人個人の情報を利用し、精密なターゲティンクをすることが可能です。

要は自社の広告を本当に見て欲しい人にだけ広告を配信できるわけです。

このようなSNS広告をFacebookやTwitterのタイムラインに掲載する広告方式をインフィード形式と呼びます。

SNS広告独自の広告効果とは?

SNS広告独自の広告効果には2種類あります。

1つ目は「拡散」です。SNS広告自体がユーザーに拡散されればされるほど、ただ単にタイムラインにインフィード形式で表示されるよりも遥かに高い広告効果が望めます。

2つ目は「反応」です。他の広告では何回クリックされたかという指標しかとらえることができませんが、SNS広告の場合、様々なユーザーが、その広告にどのように反応したのかというデータを得ることができます。ユーザーのリアクションに関するデータは広告の改善ばかりではなく、ネットショップ自体の改善に役立つ生の声のようなものです。そうした貴重なマーケティングデータを得られることもSNS広告独自の広告効果です。

SNS広告へ出稿する際の基礎的なポイント

ECサイトがSNS広告を出稿する際に先ず考えるべきことは、取り扱い商品と出稿先SNSとの相性です。

例えばTwitterの場合、特定の事柄への関心が強いユーザー層が多いです。10代~20代のユーザーが特に多いです。また拡散が起こりやすいSNSでもあります。

あるいはInstagramの場合、女性でかつ流行に敏感な若者が多いです。こうしたSNSの特性を理解した上で出稿先SNSを決定する必要があります。年齢層は20代~30代が多いです。ちなみにInstagramはFacebook傘下のサービスです。

またより精度の高い詳細なターゲティングを行えるのがFacebook広告です。Facebook広告なら、思想・信教・出身大学・勤め先といったかなり突っ込んだ情報を元に高精度なターゲティングが可能です。全体に年齢層が高めで~60代にまでリーチできます。

最後にLINE@ですが、LINE@はスマートフォンに強い媒体です。また同じ広告を長期間表示しても、広告効果が低下しにくいという特色があります。年齢層は幅広く10代~40代が中心です。

Facebook広告のポイント

Facebook広告はクリック課金制で、最低出稿金額は月額50,000円~です。意外に低価格で出稿できますね。気軽に始められる広告メニューであることに加えて、ターゲティング精度が極めて高く、年齢層・性別も幅広いため、近年、出稿するネットショップは増加傾向です。

ネットショップがFacebook広告を出す場合、広告用のクーポンを発行し、お得情報として出稿するといいでしょう。Facebook広告の管理画面の広告の目的に関する選択肢にクーポン発行によるストアでの割引というメニューが存在します。

Twitter広告出稿のポイント

Twitter広告の最低出稿費用は50,000円~/月です。特定の事柄に強い興味を持った若年層に対してプロモーションを行いたい場合には最適です。例えばアニメグッズやミリタリー等は特にTwitter広告向きですね。そのような特性から若年層向けのニッチ商材に強い媒体です。またスマートフォン販売に強いです。

出稿時のポイントとしてラフでちょっと面白い短いテキストを配信すると拡散性も良く反応率も上がります。

Instagram広告出稿のポイント

月額50,000円から出稿できます。20代~30代の女性をターゲットにコスメ・アパレル・おしゃれ雑貨を販売するネットショップ専用の広告媒体といったイメージです。また画像広告だけではなく動画広告も出稿できます。インスタグラムで画像広告を出す場合は特に、いかに目を惹き、興味をもってもらえるかを重視した画像作成が必須です。

LINE@出稿のポイント

最低金額は5,000円/月です。LINE@に広告を出すということは、ユーザーにECサイトのアカウントを友達登録してもらうということです。さしてメルマガの要領で定期的に広告メッセージをユーザーへ配信します。このとき頻繁に広告を配信すると「うざい」と思われ「切られてしまう」ので注意が必要ですが、メッセージの開封率は極めて高く、またクーポンを使ったネットショップへの誘導には高い効果が見込めると言われています。しかし、ターゲティング精度はいまいちですね。

まとめ

筆者個人の体験談から申し上げますとまずは評判のいいFacebook広告からチャレンジされることをおすすめします。またニッチ商材は迷わずTwitter広告がいいでしょう。ネットショップ運営者様の集客力向上にこの記事が少しでも役立てば望外の喜びであります。

【関連記事】

あわせて読みたい