不安解消テクニック-超強力な気持ちが楽になる裏ワザ!-


開き直ってあきらめちゃう!

超強力な気持ちが楽になる裏ワザを紹介していきます。その1は「開き直り&諦め」です!

毎日、「あーでもない、こーでもない」と深く悩み、苦しみ、不安に圧倒されているなんてことはありませんか???

そんなときは「考えてもどうにもならないことは<もうやめた>で終わりにする」ことが有効かもしれません。

言い換えれば「これ以上悩んで固執してもどうにもならん!もうどうにでもなれ!そんなことどうでもいい!知らん!」と開き直るということでもあります。

そう聞くと「えー!でも諦めたら試合終了でしょ!?」と思われるかもしれません。なるほど確かにバスケやサッカーの試合ならどんなに劣勢でも最後の最後まで諦めないことで勝機を掴めることもあるでしょう。

しかし、人生や生活上の悩みというのは、スパっと開き直って諦めてしまった方が逆にエネルギーがわいてきて物事がうまくいくことも少なくありません!

「もうどうにでもなれ!煮るなり焼くなり好きにしやがれ!」ぐらいにドンと構えてしまった方が気持ちが楽になり、楽しく生きれることもあるのです。

悩み癖ばかりついて、いつもうじうじと思い悩んでいる人よりも「考えてもどうにもならないからもう諦めて考えるのはやめよう!馬鹿らしい!」と開き直っている人の方がカッコイイと思いませんか???

物事に固執しているとどうしても視野が狭くなってしまいがちです。そしてその固執している物事を諦めてしまっては人生はもう真っ暗になるに違いないと深く信じがちになってしまいます。しかし、そうではありません。諦めることは未来をつくることなのです!開き直ることは前進することなのです!

例えば筆者は大学受験のときに「早稲田に合格できなければ人生終わりだ!」と本気で思とました。そして浪人までさせてもらいましたが見事、惨敗!早稲田大学などには遠く及びませんでした。

20代も後半になった現在から見ると「別に一流私大に合格できても、できなくても人生たいしてかわんねぇーw」とはっきり分かるのですが、当時は本当に視野がせまくなって下らないことにこだわっていたわけです。

これは憶測ですが、自分が受験生のときに、「俺はバカなんだから高望みなんてせずに基礎の勉強だけしっかりやって行ける大学に行けばいい」と考えた方がはるかに楽しい学生生活をエンジョイできたと思います。

考えても考えてもどうにもならんこと。悩んで悩んで悩み苦しみまくってもどうにもならんことはもう考えるのをやめて諦めてしまえばいいんです。それはより良い未来を作ることであり、前進することに他ならないのではないでしょうか!?

但しバスケやサッカーの試合は最後まで諦めずにゴールを貪欲に狙って下さいね。意外に逆転できたり、同点に持ち込めたりしますからね(笑)!

もうどうでもいいや!考えるのやーめた!

人間関係の悩みを解消する

超気持ちが楽になる裏ワザということで人間関係の悩みを解消する方法を解説いたします。人間関係の悩みから不安に陥って困っている方も少なくないと思います。

まず最初に言えることは「良い人をやめた方が楽になる」ということです。まるで柳の木が風にゆられるようにあるがままの自然体でOKなんです。いい人になって嫌いな奴にも好かれたいという向上心があなたを苦しめるのです。

しかし、誰からも嫌われない人は言い換えれば誰からも本当の意味で好かれないものです。それにですね、実は自分自身の欠点もあなたの素晴らしい一面なんですよ。協調性がなくても、しゃべるのが下手でも、友達がいなくても別にいいんです。別にいいというよりむしろ、そういう自分で欠点だと思っている部分というのは、けっして欠点や足りないところではないんです。むしろ秀でた面ですらあるのです。

なのでクソムカつく奴と無理して仲良くする必要なんて微塵もありません。自分をよく見せるために変な努力をするひつようもないんです!!

あと筆者が個人的に大切にしている考えはムカつくゴミ野郎には「はい、はい」と適当に相槌を打って相手にしないことです。馬の耳に念仏状態になって聞いたそばからブチ捨てる感覚でいくといいでしょう。

そして最後に申し上げたいのは、自然体にしていてもすごく居心地のいい友人や同僚がいれば、是非、大切にして下さい。特に相手が何か困っているときはじっくり話を聞いてあげるようにして下さい。ゴミ野郎には一切エネルギーを使わず素敵な仲間のためにエネルギーを使うのはいかがでしょうか?

コミュ障でもいいんです。友達や恋人なんていなくてもいいんです。協調性がなくてもいいし、空気が読めなくてもいいんですよ。そんなのは。そういう点だってあなたの素敵な持ち物なんですよ!気が合う人をを大切に!ムカつくやつには「はい、はい」で!

人生で起きることは全部、取るに足らない小さなこと!

故R・カールソンの著書に『小さいことにくよくよするな!』という本がありますね。カールソン曰く「人生で起きることに1つとして非常事態はない。みんな取るに足らない些細なこと」だそうです。悩みに悩んで不安でいっぱいになってしまうので、そのテーマを重く考えがちだということです。これを認知心理学では「拡大視」と言います。要は虫眼鏡で物事を大きく拡大して認識している状態ですね。

裏技的不安解消テクニックとして「拡大視していることを自覚する」という技があります。

「あー今、わたしはこの悩みを実際のサイズよりも5倍も6倍も拡大しちまってるなぁ」と自覚するだけでスーっと気が楽になることがあります。

カールソンの言うように人生に一大事や非常事態なんてないんです。全ては些細なこと。

あなたを苦しめる巨大な化け物は実はありんこにすぎないんです!

何が不安かはっきりさせると楽になることがある!

これは精神科医に聞いた話なのですが、特に漠然とした不安に苦しんでいるときは「何が不安かを明らかにする」ことでスーっと気持ちが楽になることがあるそうです。

まとめ

以上、不安解消テクニックとして役立ちそうな気持が楽になる裏ワザをご紹介してきました。読者様のご参考になれば筆者としては望外の喜びでございます。また下記に不安解消に役立つコーピングのテクニックがまとめられた書籍をご紹介いたしますので興味がある方はAmazonでレビューなど見てみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA