数学が苦手な社会人のためのオススメ数学参考書ベストセレクション

数学参考書オススメ

「社会人になったけれども、やっぱりあの苦手だった数学を学び直したい!」そんな風に考えているのは筆者だけではないはずです。「まずは高校数学を一通り学びなおしたい!」そんな方に役立つ「超優良」数学参考書を集めてみました。ちなみにここで紹介するオススメの数学書たちは全て筆者が実際に愛用しているものです。

おすすめの超使える数学参考書

長岡先生の授業が聞ける高校数学の教科書

この参考書の最大の良さは、本のタイトルにもあるように、マジで高校3年分の授業が音声ファイルにぎっしりと詰まっているところです。CD講義付きの本って、CDの内容が貧弱だったりすることも多いのですが、この数学参考書に限ってはそんなことはありません。分厚い高校3年分の数学をおさめたテキストの隅から隅まで、徹底して長岡先生の講義がいきわたっています。

但し、残念な点を挙げるとすれば、いちいち音声を巻き戻して、聞き直さないといけない点。どうせだった動画講義をつけてくれれば良かったのに!と思います。

しかし、そうした欠点を補って余りある内容の素晴らしさです。というのも、そもそも長岡先生自身が予備校の名講師だった方。やはり解説が上手です。そして一番のこの参考書の強みは、「独学の超強い味方」であることです。

どういうことかというと、独学の最大の敵はモチベーションの維持だと私は思うのですが、『長岡先生の授業が聞ける高校数学の教科書』の音声講義は、不思議とモチベーションを高めてくれるんです。

ちなみに気になる、参考書の中身は、完全に「高校数学の教科書」です。学校で使っていたアレですね。長岡先生は音声講義の冒頭で、教科書を使う理由を長々と述べていらっしゃいますが、要は、教科書の内容をしっかり理解できれば、どんな難問も、そこで得た知識の組み合わせで解けるという信念の元、出版された数学参考書なわけです。

数学ⅠA~数学ⅢCまで幅広い範囲をカバーしている点も素敵ですね。

長岡先生の授業が聞ける高校数学の教科書数学 (考える大人の学び直しシリーズ)

 

『坂田アキラの医療看護系入試数学ⅠAが面白いほどわかる本』

坂田アキラ先生の数学参考書の最大の特徴は、「バカみたいに分かりやすい」の一言に尽きます。とにかく異常なまでのわかりやすさです。「面白いほど分かる本」というタイトルにけっして恥じない怒涛のわかいやすさです。

先ほど、独学の一番の敵はモチベーション維持と述べましたが、私は独学、特に数学の独学の2番目の敵は、分からなくなってしまって行き詰ったときに、「質問ができない」点にあると思っています。

しかし、坂田アキラ先生の著書に限っては、あまりにわかりやすすぎてもはや質問の必要性がありません。

『長岡先生の授業が聞ける高校数学の教科書』と併用して数学ⅠA分野の問題演習をするのに最適な1冊と言えるでしょう。

改訂版 坂田アキラの 医療看護系入試数学I・Aが面白いほどわかる本

辞書的な意味で役立つ白チャート

白チャートは比較的解説も親切ですし、網羅性が非常に高いので辞書的な意味で役立ちます。

まとめ

長岡先生の授業が聞ける高校数学の教科書数学 (考える大人の学び直しシリーズ)を基本書として利用し、坂田アキラの参考書シリーズ(高校数学のほぼ全分野で坂田シリーズが出版されています)を問題演習用に活用するのが私の知る限り、大人の高校数学学び直しのベストプラクティスです。さらに白チャートを辞書的に使うと便利です。

この3冊の布陣は私の知る限り、最強の独学用おすすめ数学参考書チームです。

尚、高校数学が終わったら、まずはこの一冊から 意味がわかる線形代数 (BERET SCIENCE)に以降して大学レベルの数学を学ぶ。というルートがおすすめです。線形代数は、その後、数学の何を学ぶにしても、あるいは物理を学ぶにしても、最初におさえておくべき分野ですからね。私は、意味がわかる線形代数 (BERET SCIENCE)より分かりやすい線形代数の本はたぶん日本には存在しないんじゃないかと思っています。

rurupi-BOOKのトップへ戻る

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA