MySQL超入門講座【第1回】「XAMPPのインストールとMySQLの起動」

Pocket

XAMPPのインストール

まずはお使いのパソコンにMySQLをインストールしなければ話が始まりませんね。XAMPP(ざんぷ)というツールを使えば簡単にMySQLをインストールできます。

しかし、正直に告白すると、XAMPPはMySQL以外にも余計なものをたくさんインストールしてしまいます。WEBサーバーのApache(あぱっち)やプログラミング言語のPHP・Perlなどです。

しかし、MySQL超入門講座の最後の方ではPHPを使ってMySQLを操作する方法も学びます。そしてPHPを利用するにはApacheというWEBサーバーも必要になってくるので、一気呵成に全部インストールしてしまいましょう。

まずは、以下のURLにアクセスします。

https://www.apachefriends.org/jp/index.html

で、お使いの環境に適したXAMPPのインストールファイルをダウンロードします。

xampp

ダウンロードしたら次へ、次へ、次へと進めていけばインストールは完了します。

すると、XAMPPというフォルダの中に、XAMPPコントロールパネルというものがあるので、デスクトップか何かにショートカットを作っておいて下さい(しょっちゅう使うので!)。

<参考画像>

xampp

で、XAMPPコントロールパネルを開いて下さい。

以下のような画面になるので、ApacheとMySQLを[START]させ、MySQLの右にある[Admin]というボタンを押下して下さい。尚、ApacheはSkypeと競合しやすいので、Skypeはオフにした状態で[START]を押下して下さい。

xampp_controlpanel

MySQLの右ての[Admin]を押下すると、ブラウザが立ち上がり、phpMyAdminというツールが立ち上がります。このphpMyAdmin上でMySQLの練習をしていきましょう。

phpmyadmin

次回からはこのphpMyAdiminを利用してMySQLの基礎の基礎から学んでいこうと思います。

今回は環境設定までで終わりにしたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

MySQL超入門講座TOPに戻る

あわせて読みたい