プログラミングのためのテキストエディタの準備(Notepad++、ATOM、Microsoft Visual Code)


テキストエディタの準備

プログラムはメモ帳などのテキストエディタでも書くことができますが、機能が非常に貧弱なので、まずは「使える」テキストエディタをダウンロードするところからはじめましょう。

おすすめのテキストエディタは以下の通りです。

Notepad++(海外では特に人気!初心者には扱いやすいかも。しかしATOMエディタには機能が劣る)

⇒ダウンロードURL:https://notepad-plus-plus.org/

ATOMエディタ(超高機能で便利なエディタ、最近とても流行っている)

⇒ダウンロードURL:https://atom.io/

Visual Studio Code(Microsoft製の高機能無料エディタ。HTMLやJavaScriptの入力補助はとっても便利!)

⇒ダウンロードURL:https://www.visualstudio.com/downloads/

ATOMエディタの設定

ATOMエディタはそのままでは英語表記ですし、機能も限られています。ATOMエディタにはパッケージというものが存在し、これを追加でインストールすることで機能を増強できます。以下におすすめのパッケージを紹介しておりますので、追加してみて下さい。尚、ATOMエディタへのパッケージのインストールはATOMエディタ内から行います。

パッケージのインストール方法

[File]⇒[Setting]⇒[+install]と遷移すると、以下のような画面になります。

atom_editor

検索欄にパッケージ名をコピペしてインストールして下さい。

おすすめパッケージ

  • japanese-menu(ATOMの日本語化をするパッケージ)
  • autocomplete-js-import(JavaScriptの入力を補助してくれるパッケージ)
  • turbo-javascript(JavaScriptを書くのに便利なパッケージ)
  • autocompelete-java(Javaの入力を補完してくれるパッケージ)
  • atom-autocomplete-php(PHPの入力を補完してくれるパッケージ。PHPのパスを通しておくことが必要。)
  • autocomplete-python(Pythonの入力を補完してくれるパッケージ)
  • autocomplete-c(C言語の入力を補完してくれるパッケージ)
  • autocomplete-css(CSSの入力を補完してくれるパッケージ)
  • autocomplete-html(HTMLの入力を補完してくれるパッケージ)

尚、パッケージをインストールした場合は念のためATOMエディタを再起動して下さい。

各テキストエディタでutf-8で保存するための手順

メモ帳

保存時に文字コードを選択できます。

utf8-memopad

Notepad++

エンコードから文字コードを選択できます。

utf8-notepad-plus-plus

ATOMエディタ

編集から文字コードを選択できます。

utf8-atom-1

utf8-atom-2

Visual Studio Code

右下にあるutf-8をクリックするとエンコードを選択できます。

utf8-mvc

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA