超基礎編その2「ブログアクセスアップの当たり前の原則を知ろう」


はじめに

この記事では、ブログアクセスアップにおける当たり前の原則を解説します。あまりに当然のことすぎて「バカにするな!」と怒られてしまうかもしれません(汗)。

しかし、当然の原則を改めて見直すことは、ブログのアクセスアップにきっと役立つはずです(役立たなかったらごめんなさい!)。

あくまで超基礎編なので、本当に基礎的な原則をご紹介します。

原則1「量をこなせば質に転じる」

当たり前のことですが、ブログにおいて、記事数が減ることはありません。記事数は増える一方です。そして、例外もあるかもしれませんが、原則的に記事数が多ければ多いほど、アクセスも増えます。

従って、更新ペースが1日3回にせよ、週に1回にせよ、年月が経てば経つほど、記事数も増えて、アクセス数も増えます。

このことは次のことも同時に意味します。

あなたがブログをはじめる7年前から、あなたと同じテーマのブログをやっている人がいると仮定します。その場合、先輩ブロガーに記事数において圧倒的な差をつけられているので、検索結果の表示順位で負ける可能性が高いということです。

このことを言い換えれば、「ブログをはじめてけっこう経つし、更新も一生懸命やっているのにアクセスが伸びないなぁ」と感じるのは当然のことです。

同じテーマの先輩ブロガーには何年も前からそのテーマの記事を書き続けているという量のアドバンテージがあります。そのため、検索結果で思うように上位表示されず、アクセスが集まらないのです。

しかし、悲観的になる必要はありません。強力なライバルがいるにせよ、いないにせよ、最初に申し上げた原則は前向きな意味にも解釈できるからです。

「記事数が増えれば増えるほどアクセスも増える」のであれば、時間の経過とともに当然、記事数は増えますので、アクセスも時間の経過とともに伸び続けます。つまり長く続けた者が勝者になる可能性が高いのです。なかなかアクセスが伸びずに、それにめげてしまって諦めてしまうのは、とてももったいないことです。

自分で削除しない限り、ブログの記事数は絶対に減ることはありませんからね!

後は更新頻度の勝負です。

量をこなせば質に転じるのです。

原則2「読者に貢献する」

当たり前の話ですが、読者は、なんらかの目的を持って検索しています。そういった読者の検索目的に役立つ記事を書かなければ、意味がありません。

原則1では量に注目しましたが、質にも注目する必要があります。

質の高い記事をたくさん抱えているブログは読者にブックマークされます。新規の読者がリピーターになってくれます。さらに、他のサイトからリンクを貼ってもらえます。被リンク数が増えればSEOに有利にもなります。

アクセスアップのためのブログ記事は、読者に貢献する記事でなくてはいけません。

原則3「勝てそうにない敵とは戦わない、確実に勝てる敵を確実に制圧する」

最善策は競争しないことであるが、残念ながら今のインターネット上では競争は避けることができません。そこで、熾烈な競争にさらされているブログテーマは選ばないことが賢明です。

また自分の選んだブログテーマに関連の深いキーワードで検索してみて、極めて完成度が高く、記事量も多いような相手が複数いる場合、そういった相手と競争することは百害あって一利なしです。

なんとか一定期間努力すれば、検索結果の1ページ目の上位3番~5番程度に食い込めそうな分野で戦いましょう。

原則4「儲かりそうなことより【好き】を大切にする」

ブログにアフィリエイト広告やGoogleアドセンスなどを張り付けて、広告収益を狙う場合は特に大切なポイントです。

儲かりそうなキーワードを狙うよりも、「好き」や「興味」を大切にした方がいい理由は以下の通りです。

【理由1】

原則1「量をこなせば質に転じる」で述べたことですが、ブログ記事は絶対に減ったりしません。増える一方です。そして記事量が増えれば、比例してアクセスも増えます。

十分なアクセスを確保するには、半年・1年と記事を積み重ねていかなくてはなりません。そしてブログの継続期間が長ければ長いほどコンテンツも充実し、アクセスは自然に集まるようになります。

このように長期間にわたってブログを更新し続けるには、「好き」や「興味」がとても重要になってきます。

ブログを運営していると必ずと言っていいほど、なかなかアクセスが伸びない辛い時期があります。そういった苦境を乗り越えて、突き進むには「好きであること」がとっても大事なのです。

【理由2】

ブログ記事の質は、集めた情報量で決まります。WEB検索はもちろん、雑誌や書籍などあらゆる情報源をフル活用すれば、読者を満足させるようなコンテンツを産みだすことができます。興味関心のあるテーマほど情報収集もはかどるものです。

原則5「Googleサーチコンソールを利用する」

Googleサーチコンソールを利用すれば、どんなキーワードで自分のブログにユーザーがたどりついているかが分かります。最近は、アクセス解析ツールを眺めてみても、検索キーワードが「not provided」となっていることが大半です。

検索キーワードを知ることはブログ運営上とても大切なマーケティング活動なので、Googleサーチコンソールを利用していない場合は、是非ご活用下さい。

以上で、ブログアクセスアップの超基礎編2を終わりにしたいと思います!

ブログアクセスアップ講座トップに戻る トップページへ戻る

あわせて読みたい