28歳からの東大受験


唐突かつ荒唐無稽な話ではあるが、28歳で東大受験することにした。

いやはや馬鹿げた話だし、仕事はどうすんのよって話なのですが、忘れてはならないことがあります。

 

「人生は一度きり」

 

一度きりだからこそ、慎重に安全に生きようという意見も素敵だと思います。

ですが、私の場合は一度きりなら、リスクをとって、おもいっきり冒険して、華々しく逝く方が面白いと思うんです。

 

きっと「面白い」ということに人生のコアになる価値を置いているのだと思います。

 

だって、受験の動機は「東大ってなんかすごく面白そう!」だけですから。

それ以外になんの野望も持ち合わせておりません。

28歳で仕事辞めて東大受験をすることは、世界大戦の折、南方で散っていった多くの若き英霊よりは、リスクの少ない戦闘だと思います。死ぬことはないですからね。

 

私は、人生において、どんな不幸がどんな幸運を呼ぶのかわからず、また、どんな出来事が、どんな結末に落ち着くのかわからないという事実が好きです。

あとは、

 

「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」

 

という言葉も好きです。

 

28歳で東大受験なんて、まさに身を捨てることです。

肉を切らせて骨を絶つ勢いで、現世を存分に遊ぼうと思います。

 

さて、とりあえず東大、受験勉強しなきゃ。

そもそも、私の頭脳で受かるわけないんですけどね(笑)

あわせて読みたい