ブログで稼ごうとするブログ飯な野望を捨てた

Pocket

ブログでお金を稼ぎたいと思っていたが、やっぱりやめた

 

Amazonアソシエイト中心に広告を貼っているので毎月7500円くらいのAmazonギフト券はこれからもありがたく貰い続けたいが。

もともと私はブログで37万円稼ぐのを目的としていた。200万PV集められるブログを作るぞ!と意気込んでいたが、一つ気が付いたことがある。

それは「リスク」だ。例え鬼のように大成功して100万円ブロガーになれたとしても巨大なリスクは消えない。

巨大なリスクとは、ブログメディアの陳腐化だ。要はブログがオワコンになった瞬間、ブログだけで生計を立てていた場合、まじでやばいことになる。

もしそうなったら、一番シンプルな方法は就職することだ。きっとブログで30万稼げるようになったら会社なんて辞めているだろうから。それがブログ飯ってもんすよね?

 

で、なんでブログメディアが終焉を迎えると思ったのか。

単純にWEBの世界は変化が速すぎる。

しかも去年よりも今年、今年よりも来年の方が1年あたりの変化速度が上がっている。

mixiがオワコンになって久しいが、私がmixiを楽しんでいた大学生時代。

この最強SNSに終わりがくるなんて想定してなかった。

ブログも、むこう4,5年は別に今まで通り強いメディアであり続けるだろうとは予測している。

でも

10年後もブログメディアが生き残っている保証なんてこれっぽっちもない

かりに2年後に誰かが、努力につぐ努力を重ねてブログ飯にありついたとしよう。

そして、その誰かがブログ飯に成功して会社を退職したときの年齢を27歳と仮定しよう。

37歳になったときに、毎月、50万円あったブログからの収益がゼロになり、もはやブログがオワコン化するようなWEB技術のブレイクスルーが起きたと仮定する。

37歳元自営業から、就職してお金を稼ぐ道は、明らかにしんどい。

もしその人が47歳の時点でブログがオワコンになったら、その後のキャリアはいばらの道だ。

だってブログライティングで身につくスキルってそんなに企業で役立つものではないもの。

それにGoogleに依存している以上、今までにない画期的なアプデがされてポシャる可能性も考えられる。

例えば、直近のリスクは企業ブロガーの台頭だ。

コンテンツマーケティングが叫ばれ、企業がどんどん記事をリリースしてくる。

この傾向は向こう2,3年で加速度的に増えるだろう。

そのとき、個人で企業ブロガーと戦うのは厄介だ。やつらは組織的でモチベーションも高い。

というわけで何が言いたいのかというと、

ブログ飯、可能、不可能論については可能だと断言したい。

しかし、一般企業で定年退職する年齢までブログ飯を続けられる見込みは、限りなく0に近い。

そのリスクを承知でブログ飯をやるなら唯一の打開策は事業の多角化だ。

ブログ飯で稼いだお金を、超節約生活をして、コツコツ貯めて、新規事業開発に金を投入して、ブログがオワコンになっても稼げるチャネルを準備しておく必要がある。

別にWEBじゃなくても構わないから新規事業を起こす。しかも本業のブログを更新しながら。

こうなると、もう起業の域に近づきつつある。

こう考えると、ブログで生計を立てるということは、長期的な目線で考えると、零細企業を作ることと同じになる。

って思ったらブログでお金を稼ぐなんて難易度も高くてリスキーなことは、やっぱり綺麗さっぱりやめようと思った。

 

とはいえ、ブログは大好きなので、これからは趣味とちょっとしたお小遣い稼ぎの手段としてブログを運営することにした。

 

趣味97%、お小遣い稼ぎ3%くらいの割合でブログを書き続けようと思う。

 

そう思うとなんだか背中に羽がはえたみたいに、清らかな気持ちになる。

ブログを書くのがもっと楽しくなる。

SEOなんて単語はもう自分の辞書から削除しようと思う。

もう「記事の質」もどうでもいいや。

だって趣味97%だから自己満ブログだもん。

でもちゃっかり広告は貼るよ!3%のお小遣い稼ぎの目的があるからね。

今の7500円のAmazonギフト券収入だと欲しい本が十分に買えないから、少しずつ広告収益も増やしていこうと思う。

3年後には毎月3万円くらいAmazonギフト券収入があるといいなぁ。

と思う今日この頃なのでした。

 

 

問題は紛糾していない野望が紛糾している。

 

 

 

あわせて読みたい