ブログ入門-ゼロから1万円まで-


毎月1万円稼ぐためのブログ術入門講座です。これからブログをはじめてアフィリエイトで稼ぎたい方はまずは1万円のハードルを越えることが大切です。なぜなら、1万円のハードルをこえられずにほとんどの人が挫折してしまうからです。逆に言えばこのハードルを越えればブログ運営を軌道に乗せることができますこの記事では、確実に1万円のハードルを越えるブログ運営術をこれでもかというほど紹介します

続けられるように楽しみながら書く

ブログ運営の基礎は「書くことを楽しむマインド」にあります。ブログは続ければ続けるほど記事のストックがたまっていき有利になるメディアです。楽しめなければ続けることはできません。むしろ、「楽しくなければブログではない!」とさえ言えます。そして「続けること」はブログ運営の最優先事項です

なかなかブログで成功できないなら、成功するまで続ければいいじゃん

というのが、ブログ運営において、圧倒的に一番大切な考え方です。これこそ超重要な姿勢です。

楽しみながら書くコツ

楽しみながらブログを書くコツは、お金に縛られないことです。もちろんせっかくブログをやるんですから副収入も得たい気持ちはあっていいんです。しかし、お金にとらわれすぎると、だんだんブログ更新が苦痛になってきます。お金は世の中にに役立つ情報や意見を楽しく発信した結果、後からついてくるものだと考えましょう。

お勧めのブログサービス

ライブドアブログとシーサーブログがおすすめです。どちらもブログ運営に向いていることで有名です。アフィリエイトなど商用利用もOKなので、安心して始めることができます。まだブログを開設してない方はこのどちらかを選ぶといいでしょう。

あるいはレンタルサーバーを利用する方法もあります。今は大抵のレンタルサーバーにワードプレスの簡単インストール機能が搭載されているので、設定面は簡単です。

ただワードプレスを使いこなすのは、普通の無料ブログよりも、だいぶ使い方が難しいので、別途書籍を購入して勉強する必要があります。その反面、大変なだけあって、ワードプレスは物凄く自由度が高くて便利です。

ブログのテーマを決める

ノンジャンルという方法も確かにあります。個人ブログでは、ジャンルを限定せずにいろいろなテーマで記事を書いている方も多いです。ちなみに私はノンジャンル型とテーマ特化型のブログを運営しています。で、率直に言って、何かのテーマに特化している方が、圧倒的に記事が書きやすいです。それだけではなく、ユーザー目線で見ても専門ブログの方が使いやすく、満足度も高いです。

しかしテーマ特化型のブログには大きな弱点があります。それは自分が選んだテーマが悪いと絶対に失敗するという点です。悪いテーマには2種類があります。1つ目は「興味もない、得意でもない、でも稼げそう」なテーマです。

しかし、1つ目の問題点は努力である程度カバーできるので、そこまで大きな問題にはなりません。

最悪なのは、

ライバルが強すぎるテーマを選ぶこと

です!

自分がやってみたいテーマに関するキーワードで試しに検索をかけてみましょう

こんなに完成度が高くて素晴らしいサイトには絶対に勝てない!」というサイトが上の方に出てきたら、もうそのテーマは諦めた方が無難です。もちろん、「この最強すぎる完全無欠のサイトを超えるブログを作ってやる!」という意気込みで戦いを挑むこともできますが、そのライバルサイトも、あなたが記事を更新するのと同じかそれ以上のスピードで成長していることを考えると、超無謀な挑戦です。

古代の天才戦略家、孫子曰く、「自分と相手の能力を徹底的に比較して、絶対勝てそうなときだけ戦いを挑むことが大切」です。そうすれば「百線危うからず」なのです。

なので、テーマ特化型のブログで勝負する場合は、実際に、テーマに関連するいくつかのキーワードで検索してみて、競合サイトの力量を徹底的に分析する必要があります。間違ったテーマを選んだ時点で敗北が決まるので、この事前の調査は、「ブログを続けること」の次に大切な要素です!

どうしてもテーマを決められない場合は、テーマを限定せず、いろいろな記事を書くという手もあります。こうしたノンジャンル型のブログの長所は、リスクが少ない点です。短所は、記事を書きずらいことと、アクセスを集めるのに時間がかかることです。

私は、地道な調査をして、戦いやすそうなキーワードを見つけて、テーマ特化型のブログをやることをオススメします。そして、それと同時に、ノンジャンルのブログも作って、リスクを分散する方法が私のお気に入りの戦い方です。

ちなみにこのブログ(rurupi*college)は、完全にノンジャンル型のブログです。

 

[PR]ブログ飯 個性を収入に変える生き方

 

良いブログにするには素晴らしい記事を書く

極論すればブログには文章力は求められません。求められるのは記事内容のレベルです。記事内容のレベルとは、ターゲットとなる検索キーワードで検索された際にどれくらい検索者が抱えている「困りごと」を解決できるかという点です。多少読みにくい文章であっても記事内容がハイレベルであればユーザーは満足するのです。

記事内容のレベルを上げるにはまずはマーケティング視点が大切です。ターゲットとなるキーワードで検索してきた人が、どんな困りごとを抱いているのかをリストアップしてみましょう。

「困りごと」や「知りたいこと」がないのに検索する人はいません。

例えば、「中古ノートパソコン、購入、注意点」という検索ワードで検索してきた人は、きっと中古PCにありがちな落とし穴を知りたかったり、おすすめの中古ショップを知りたいと思っているはずですね。こうして妄想を膨らませてみることが、ユーザーのニーズをつかむための大事なマーケティング活動になります。たかが妄想ですが、妄想力を存分に発揮して想像の羽を広げることが大切です。

素晴らしい記事を書くにはユーザーがどんな困りごとを抱えて検索してきたのかを理解しないと書けません。逆に、読者の困りごと応える記事内容にすれば、たまたま検索エンジンから訪れた読み手は、十分に満足するはずです。

SEO対策をしないとブログへのアクセスはこない

最近のSEOの傾向はとにかく記事の質を重視します。3時間でホイホイ書けてしまえるような記事では、ダメです。徹底的に妄想を膨らませてユーザーのニーズを理解し、また徹底的に情報収集して、記事の素材を集めることが必須です。それには、多くの時間がかかります。とても3,4時間で1記事を書き上げることはできません。

ではどのくらい1つの記事に時間をかければいいのかというと、コレという正解はありませんが、私は1記事に5日かけることをオススメします。1日4時間をブログに使うとすれば、約20時間ですね。

もちろん大学生など1日中ブログを更新する時間がある方は5日もかける必要はありません。20時間かければいいわけですから10時間×2日でもいいのです。

Googleはコンテンツのたっぷり詰まった質の高い記事を上位表示しようとします。そのため、20時間かけて書く記事は、情報の宝庫でなければなりません。すると意識しなくても自然に文字数も膨れ上がります

私が最近、「上位サイト」と「記事の文字数」の関係を個人的に研究した結果では最低でも6,500文字、平均で8,500文字程度の記事ばかりが上位に表示されてしました。

とはいえ、本来はブログ記事の文字数は、1,000文字でも500文字でも、別に構わないのです。検索エンジンのためにブログを書いているわけではありません。最後に読むには血の通った人間です。そして、その読者にとって最も心地よい文章量がベストなのです。場合によっては300文字でも十分にユーザーのニーズを満たせることもあるでしょう。

しかし、上位表示されているブログ記事を調べると、1万文字オーバーの記事や5,000文字オーバーの記事がどんどん出てきます。このことは、長い記事が検索エンジンに好まれるということを意味しているのではありません。長くても中身がスカスカな記事は検索エンジンに嫌われます。ユーザーにはもっと嫌われます。ただ単に記事の長さを追求してもなんの意味もないのです。

逆に言えば、どんなに要約しても、7,000文字や8,000文字になるほど、有益な情報がぎっしり詰まっている記事が上位表示される傾向にあるということです。

ブログアフィリエイトの収益の80%は検索流入です。検索エンジンに評価される記事を書けないと、書いたはいいが誰も読んでくれない記事になってしまいます。

それを防ぐためには、検索エンジンから見て、とにかく優良コンテンツがぎっしり詰まっている、要約して、削りに削っても、1万文字になってしまうような記事を書くことが必要です。

そのようなブログ記事を書くにはどうしても20時間はかかります。2,3時間では書くどころか、情報収集すら満足にできずに終わってしまうでしょう

そうした中身ギッシリの長文ブログ記事を書くのに必要なことは膨大な量の情報収集です。20時間あれば、その時間の70%は情報収集に時間を割きましょう。具体的には、14時間かけて情報を集めて、4時間かけて執筆し、2時間かけて記事の見直しをするイメージです。

それではまず情報収集の仕方から見ていきましょう。

最初にお手軽なWEB検索で情報収集をします。ターゲットにするキーワードの候補3種類で検索してみて、ヒットする上位20サイトの内容は徹底的に熟読します。すると、これだけでも、60記事を熟読しなければならないのです。なんと時間のかかることでしょう。

しかし、良い素材からしか良い料理が作れないのと全く同様に、良い素材からしか良いコンテンツを生み出すことはできません。

次に可能であれば、これから自分が書こうとしているテーマについての書籍や雑誌を読むのもとても効果的です。

巷(ちまた)には記事数を重視して、1記事あたりのクオリティーやボリュームを重視しないという意見もあります。よく100記事以上ブログを書けばSEOに強いブログになると言います。大きな間違いではありませんが、少し古めの認識です。例えば1,500文字程度の記事を100記事書いて、15万文字書くならば、1万文字の記事を15本書く方がSEO効果は高いと予測できます。

もちろん記事数が増えれば内部リンク数も上がり、少ながらず、検索エンジンから見て、情報の豊富なドメインだと解釈されるでしょう。その分、SEO効果はあるので、記事数の追及が完全に間違った対策なわけではありません。私も別に運営している無料ブログで、とにかく記事数だけを追求して書いた結果、400記事弱になったところで、そのブログの月収は1万円を超えました。ちなみにノンジャンルのなんでもアリのブログです(エロは除く)。

しかし、現時点(2016年9月)におけるSEOのトレンドは、先ほども申し上げた通り、単に無駄に長いのではなく、ユーザーにとって有益な情報をたっぷり詰め込んだ結果として、長くなってしまったコンテンツこそ評価されるという傾向にあります。

そうでなければ、私が、いろいろな検索ワードで上位表示されている記事をあれこれと調べて、記事の文字数を分析したときに、少なくとも6,500文字、平均で8,500文字、多いと1万文字オーバーという調査結果が出るわけないのですから

従って、1日4時間、ブログに時間をかけることができる方は、5日かけて、1日3時間なら7日かけて1つのブログ記事を練り上げていくのがSEO的にトレンドをおさえた、効果的な戦略だと言えます。

 

[PR]ブログ飯 個性を収入に変える生き方

 

ブログ記事は長ければいいというものではない!でも…

ブログ記事は長ければいいというものではけっしてありません。最終的にそのブログ記事が何文字であろうと、読者に120%貢献できる内容でなければ上位表示は難しいでしょう。何かの間違いで上位表示されても、自然なリンクをもらうことも難しいですし、ユーザーのブラウザにブックマークしてもらうことも困難です。

言い換えれば、ブログ記事が7,000文字~1万文字に膨らんでしまう理由は、単純に、検索ユーザーが抱えている困りごとを完璧に解決しようと努力した結果、どうしても長くならざるを得なかったのです

この記事も5,000文字以上書いていますが、いたずらに間延びさせて字数を稼いでいるわけではありません。無理矢理に長文を書いても、書き手である私も、検索エンジンも、エンドユーザーも誰もハッピーにはなりません

月に1万円の収入を得られるブログを読者に作って欲しい一心で、必要な情報をなるべくわかりやすく伝えることに徹底的に集中しているだけです

その結果として、1記事で月1万円稼ぐブログを作る「技」を全てお伝えしようとすると、どうしても記事が長くなってしまうのです

そう考えるとブログ記事を書くという発想はもはや捨てた方がいいかもしれません。ブログ記事というとせいぜい3,000文字程度の情報提供になりがちです。しかし、1万文字書くのであれば、それはもはや、今まで「ブログ記事」と言われてきたものではなく「調査レポート」に近くなります。ブログ記事というよりむしろ、「調査レポート」を書くつもりで、文章を執筆するという考え方の転換こそが今、検索エンジンと読者の双方に求められていることです

実際、今あなたが読まれている、このブログの記事別アクセス数を見ると、1位の記事は7,500文字です。お客様の困りごとを解決するのに必要そうな情報を全部、1記事に乗っけたら、7,500文字になっただけで、長文を書こうと意識して書いたわけではありません

記事の質を客観的に見る

ブログ記事を書く上で記事の質を客観的に眺めることは大切です。記事の質とは、その文章を読んで、その結果、どれくらいユーザーが満足するかということです。

そのためには、「この記事は、このキーワードで1位なってしまっていいのだろうか?」と自問自答することが有効です。「もしかしたら既にWEBにあるもっと優れた記事を1位にした方が、ユーザー全体のためになるのではないか?」と問いかけてみるのです。

すると途端に自分の記事のクオリティに不安を覚えます。不安ならもっといい記事にするために、もっと情報収集に時間をかけてもっと分かりやすい文章にすることに時間をかければいいのです

ブログ飯という言葉と月1万円ブログについて

最近、ブログ界では「ブログ飯」という言葉流行っています。これからブログで少なくとも月に1万円の副収入を得ると心に決めている方ならご存じかもしれませんね。で、ブログ飯は可能か不可能かという議論がWEB上でにわかに盛り上がっております。ちなみにブログ飯とはプロブロガーになることで、ブログだけで生計を立てれれるようにすることです。

ではブログ飯に成功するには月に何アクセス必要でしょうか。私の個人的なブログ収益から逆算してみます。すると、仮に月収25万円がブログ飯の最低ラインだとすると、約100万アクセス/月必要なことが分かります。気の遠くなるような数値ですね。とても個人では実現できなさそうですが、実際に100万円稼いでいる方もいらっしゃるので、不可能か可能かと言えば可能なのでしょう。

ここからが本題でございます。ではブログで月に1万円稼ぐ、超ミニミニブログ飯を実現するには月間何アクセス必要でしょうか。答えは、約4万アクセス/月です。

ブログで1万円稼ぐことの難しさを実感いただける内容だと思ったのですがいかがでしょうか。

従って、このブログのミッションも、自ずと決まってきます。読者の方が、これからブログを新規に開設して、月に4万アクセス稼げるようにするために、有益な情報は全部もらすことなく掲載することがミッションです

 

[PR]ブログ飯 個性を収入に変える生き方

 

まずは20記事を目指そう

というわけで、締めくくりにもっと具体的な方法論をお伝えします。4万アクセス稼いで、1万円の副収入を得るには、高品質な記事を20記事書きましょう。繰り返しになり恐縮ですが、1記事、1記事は検索ユーザーの困りごとを120%解決できるだけの情報がギッシリ余すところなく詰まった記事です。そういう記事を書くには1日4時間で5日かかります。

この計算でいくと、20記事書くには、100日必要です。「多い」「長い」「先が見えない」「もっと早く稼ぎたい」と焦るお気持ちも分かります。しかし、月収1万円ブログは到達点ではないのです

これからブログで、7万円、19万円と大きく副収入を増やしていくためのスタートラインなのです

冒頭でも申し上げましたが、本当に多くの、それこそほとんどの新米ブロガーは、月収1万円を稼げずに挫折してブログアフィリエイト界から消えていきます。そうならないためにも、是非、当エントリーの内容を参考にしつつ、まずは20記事、ユーザーを120%満足させられる記事を書いてみて下さい。

これで私の知る限りのブログで月1万円稼ぐ戦術は全てお伝えしたつもりです。この記事が読者の方のブログライフにプラスに働くことを心からお祈り申し上げます!

おわりに

 

忘れないで下さい。

 

 

ブログで成功できないなら、成功するまで続ければいいじゃん

 

 

これが鉄則です。

 

 

敗北をたくさん知ればいづれ勝利します。

 

[PR]ブログ飯 個性を収入に変える生き方

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA