【大人のADHD】コンサータの服用体験談を徹底紹介!ついでにストラテラも!


はじめに-この体験談を読む上での注意事項

この記事は私の「大人のADHD」と「うつ病」の2つの持病とたたかった闘病記です。あくまで個人の体験談なので、参考程度に読んで下さいますようお願い申し上げます

また薬の効き目は千差万別・十人十色です。私に効いたからといって他の人に効くとは限りません。逆もまた然りです。私に効かなくても他の人には効くかもしれません。

なので、しつこいようで恐縮ですが、あくまで個人の体験談として、「こんな人もいるんだな」程度に読んでいただけると大変助かります

精神や脳の病気は本当に辛いですよね。周囲にもなかなか分かってもらえませんしね。

読者様のご健康を心より深くお祈り申し上げます!!

【当ブログ内の関連記事】

「コンサータが効かなくなる」日がついに訪れた!?

【うつ病と大人のADHD】コンサータの休薬日は無気力MAX?

コンサータってちょっと気持ちよくなりますよね

コンサータとは

コンサータはADHD専用の薬です。主成分はメチルフェニデートという覚せい剤的な物質です。コンサータはとても固い特殊なカプセルになっていて、レーザーで小さな穴を開けてあります。コンサータを服用すると、その小さな穴から有効成分であるメチルフェニデートが徐々に少しずつ12時間かけて放出されます

そのため、短い時間でメチルフェニデートが体内に取り込まれないため、意欲と深い関わりのある神経伝達物質であるドーパミンの濃度が急激に上昇することはありません。もしドーパミンの濃度が急激に上昇すると、とても気持ちいい感覚になり、依存の原因になってしまいます。ドーパミンは快楽や意欲と密接に関係しているからです。

しかし、コンサータの場合は、メチルフェニデートで長い時間をかけて少しずつ体内に入っていくので、ドパミンの濃度が急激に高まることを防いでくれます。そのため穏やかに作用し、依存症になる心配もありません

コンサータが大人のADHDに効く仕組みは、脳内のドーパミン濃度を高めることで、注意集中力を高め、同時に、頭の中が静かになるような冷静な気分にしてくれるからです。

このような作用によって大人のADHDに目立つ、注意力の無さや、多動性を抑えてくれます。また集中力も高まるので、その点も、注意欠陥に有効に働きます。

元々、コンサータの有効成分であるメチルフェニデートは、一昔前は、なかなか治りにくいうつ病の治療薬として使われていました(現在ではうつ病にメチルフェニデートを使うことは禁止されています)。

そのため、うつ病の代表的な症状である、無気力や意欲の低下にも効果を表します。やる気が出て活動的になります。また私の場合は、ゆううつな気分が大幅に軽減され、まだ健康だった頃に近い状態に戻ります。

コンサータはその効果がおよそ12時間、持続するので、朝に1回服用すれば、日中の活動時間のほとんどをカバーしてくれます。個人的には非常に優れたお薬だと思います。

大人のADHDと自閉症スペクトラムとは

自閉症スペクトラムは分類の名前で、様々な発達障害を統一的に扱うための区分です。自閉症スペクトラムの一種に、ADHDやアスペルガーがあります。

大人のADHDの代表的な症状は「不注意」です。ケアレスミスを起こしやすく、遅刻しやすかったりします。また衝動性から金銭管理が苦手だったりもします。いわゆる衝動買いというやつですね。多動性が目立つケースでは学校の授業や会社での会議などじっと座っていることが苦手で、無意味に動いてしまうことが多いようです。

知能面では、ADHDの場合、言語能力の方が、形を認識したり、体を動かす能力よりも高い傾向にあるようです。

コンサータはガチで効いた、ドーパミンすごい

私の場合、コンサータはマジでよく効きました。私は、多動性よりも衝動性に問題があったのですが、コンサータを飲むと頭の中がサーっと静かになり、衝動性を抑えることができます。その結果、金銭管理もうまくなりました。

また多動性ももちろん無いわけではなく、じっと長い時間、読書をしたり、趣味の数学の勉強をするときに、どうしても長時間集中できなかったのですが、それが無くなり、集中できるようになりました。

コンサータは大人のADHDの多動性にも注意欠陥や衝動性にもガチで物凄くよく効いてくれました。「あくまで私の場合は」ですけどね!

しかし、ドーパミンに作用する薬は本当に半端なくすごいなと思いました。これは個人的に勝手に思っているだけのことなので真に受けないで欲しいのですが、ADHDって、ドーパミンを分泌したり、取り込んだり、運んだりする脳内のシステムにエラーがあって、そういう事情から発症するのかなと。コンサータを飲んでそんな風に思いました。

さらに、これはオマケ的な効果ですが、うつ病の症状も大幅に改善しましたよ!具体的には最も困っていた「無気力」を解消できたことが一番嬉しかったです。あと、わけもなく憂鬱になる症状も、コンサータが効いている間は、ほぼ完全に消えてくれます。

コンサータが作用している間は、まるで健康だった頃に戻ったように、いろいろな症状が楽になりましたよ!ありがとう、コンサータ!マジでありがとうございます!って感じです(笑)。

コンサータには全く依存性なかった

コンサータを飲む際に心配になるのが依存症です。有効成分のメチルフェニデートは覚せい剤的な側面を持っています。そのため麻薬的な意味で、依存してしまうのではないかと心配される方も多いと思います。

私の場合は、依存性は全くありませんでした。その証拠に、週に2日~3日、コンサータを飲まない日(休薬日)をつくるのですが、休薬日に「あー、禁断症状がー、コンサータが飲みてぇー!我慢できん!」みたいなことは一切ありませんでした。

コンサータと付き合いだしてから1年半になりますが、いまだに休薬日にコンサータを飲みたくなることはありません。

私にとって、コンサータの依存性は完全にゼロです。1ミリもありません。主治医の先生も他の何名かの患者さんにコンサータを処方しているそうですが、今まで依存症になった人は一人もいないと説明してくれました。

人によっては依存が生じるリスクがゼロとは言い切れませんが、私の知る限りでは、コンサータはとても安全な薬です。

彼女の友人はぜんぜんコンサータが効かなかった

薬の効き目は十人十色と申し上げました。たまたま私の彼女の友人が、「君はきれいなADHDだね」という診断を受けたのですが、コンサータを飲んでも、なんの効き目もなかったそうです。それで服薬を中止してしまいました。

私にはこんなにしっかりコンサータが効くのに、彼女の友人には全く効かなかったのです。本当に薬の効き目は人によってぜんぜん違うんですね。

 

[AD]大人のADHDワークブック

ストラテラは効かなかった

ストラテラもコンサータと並ぶADHDの治療薬です。しかしストラテラは私には全く効きませんでした。ほぼ完全になんの効果も無かったです。

実は、コンサータを試す前に、最初に処方されたのがストラテラでした。ストラテラはコンサータと違って、即効性が無く、効くのに何週間もかかります。何か月かかけて最終的にはストラテラをMAX量まで増やしましたが、副作用が出ただけで、作用はありませんでした。

ストラテラの副作用が辛かった

何より辛かったのはストラテラの副作用です。うまく言葉にできませんが、感性がマヒしてしまうような感覚が、きつかったです。ただでさえ、うつ病で感受性が鈍っているのに、さらに、意欲や好奇心が無くなっていくイメージです。

とにかく感性の麻痺みたいな副作用は辛かったです。趣味の数学の勉強をして、「あ!理解できた!」と思っても、ぜんぜん感動がない。そういう副作用が私にはでました。

またストラテラの胃腸への負担もとても大きく、食が細くなり、便秘がちになりました。

ストラテラの副作用は本当に苦しかったです。

 

サインバルタがADHDに効くこともあるらしい

サインバルタとは、脳内のアドレナリンの量を増やすうつ病の治療薬です。SNRIと呼ばれる薬の一種です。学者や医師によっては、サインバルタがADHDに効くと考えている方もいるようです。私もサインバルタを服用したことがありますが、ADHDに効いてるかどうかはよく分かりませんでした。うつ病にはよく効きました。

コンサータの副作用

私のケースでは、コンサータで依存性は一切出ませんでしたが、頭痛と胃の不調が出ました。ちょうどコンサータが切れる頃になると、軽い頭痛がします。頭痛は出るときと出ないときがあって、全く頭痛のない日もあります。

人によっては休薬日(コンサータをあえて飲まない日)に頭痛が出る方もいるようですが、私は休薬日に頭痛が出たことはありません。

一番、辛いコンサータの副作用は胃の不調です。特に胃酸過多には苦しめられました。ガスターを飲んでいれば、なんとかおさまるのですが、たまにガスターでも効かないときもありました。ちなみに、ガスターとは胃酸の分泌をブロックする薬です。

コンサータが効かなくならないために工夫していること

コンサータは私にとって天使のように優れた薬なので、体が薬に慣れてしまって効かなくなったら一大事です。そのため、私の場合は週に3日はコンサータを服用しない日を作っています。

休薬日は3日連続でとるようにしているのですが、やはり休薬日明けのコンサータはいつもよりよく効きます。

コンサータの作用時間は正式には12時間と言われていますが、私の場合は10時間くらいしか効きません。また、コンサータに体が慣れてくると、8時間くらいで薬効を実感できなくなるときもありました。

そういうこともあって、休薬日を3日設けるようにしています。

1年半コンサータを飲んでいますが、私の場合、週3で休薬日を設けていれば、コンスタントに効き目を維持できています

ドパミンを増やすその他のお薬:エビリファイとは

今のところ、日本で承認されている薬で、ドーパミンを増やす作用のある薬はコンサータとエビリファイの2つくらいしか無いのではないでしょうか。正確にはエビリファイはドパミンの量を安定させる薬で、ドパミンが過剰に分泌されていれば、ドパミンの量を減らし、ドパミンが不足していればドパミンの量を増やすお薬です。

そのためエビリファイはDSS(ドパミン・システム・スタビライザー)と呼ばれています。またアゴニストでもあり、アンタゴニストでもあるので、パーシャルアゴニストと呼ばれます。アゴニストとは簡単に言えば、なんらかの神経伝達物質を増やす作用です。アンタゴニストとは、なんらかの神経伝達物質を減らす作用です。

このようにエビリファイはドパミンに作用するため、ADHDの治療に応用されるケースもあります。私もエビリファイを試験的に処方してもらったことがありますが、なんの効き目もありませんでした。副作用すらありませんでした。

 

【当ブログ内の関連記事】

「コンサータが効かなくなる」日がついに訪れた!?

【うつ病と大人のADHD】コンサータの休薬日は無気力MAX?

コンサータってちょっと気持ちよくなりますよね

 

参考:主な精神療法とその解説ついでにおすすめ書籍

認知行動療法

考え方・気分・身体・行動は相互に影響しあっているという考えに基づいて、主に出来事に対する解釈の仕方や行動を調整する心理療法です。開発したのはアメリカのアーロン・T・ベックという人です。日本では大野裕先生が有名です。全ての精神療法の中で統計的に最も信頼できる治療法です。またその応用範囲も広く、うつ病だけではなく、パーソナリティ障害など、ほとんどあらゆる精神疾患に応用できます。

認知行動療法のおすすめ書籍→『図解 やさしくわかる認知行動療法

対人関係療法

読んでその名の通り、他人との関わり方を改善することで、様々な精神疾患を治療する精神療法です。認知行動療法と並んで統計的にその効果が証明されている治療法ですが、日本ではまだほとんど普及していません。国内では水島広子先生が有名で著書も豊富なので、独学で勉強しやすいです。

対人関係療法のおすすめ書籍→『自分でできる対人関係療法

森田療法

日本で開発され、世界に認められた唯一の精神療法です。主にパニック障害や対人恐怖症といった神経症に適応されます。自分が恐れている状況にあえて入っていくことで、恐怖を克服する行動療法です。「あるがまま」という考えを重視します。「あるがまま」とは「気分が苦しくても、不快でも、持ち耐えて、その辛い気分をどうしようともせずに、なすべきことはなす」という意味です。

森田療法のおすすめ書籍→『森田療法のすべてがわかる本 (健康ライブラリーイラスト版)

マインドフルネス

日本での普及はまだまだですが、アメリカではGoogleやマッキンゼーが社員研修に導入していることで有名です。「今この瞬間に生きる」姿勢を瞑想によって養う精神療法です。応用範囲は非常に広く、うつ病などの精神疾患だけではなく、体の痛みや、一部の皮膚病にも効果があると言われています。さらに人生で発生するあらゆる「厄介ごと」に対処するスキルが身に付きます。そのため、病気の人だけではなく、健康な人のスキルアップにも役立ちます

欠点は瞑想の練習がけっこう大変な点です。ですが一度身に着けると人生の武器になります。マインドフルネスの分野で一番有名なのは、マサチューセッツ工科大学の医学部名誉教授のジョン・カバットジンです。元Google社員のチャディー・メン・タンも有名です。

ちなみに、インフルエンザワクチンを利用した実験では、マインドフルネスは感染症への抵抗力を高めることも分かっています。また血流の改善、不眠症や睡眠の質の改善、記憶力の向上などの効果があるという実験結果があります。

非常に広い範囲に応用できる、正に万能の精神療法です。今後、日本国内でも普及していくものと思われます。

マインドフルネスのおすすめ書籍→『[心の病気にも仕事のスキルアップにも効く!]サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法

大人のADHDに精神療法は効くのか

大人のADHDに精神療法が効くかどうかには諸説あります。全く効かないという意見もありますし、有効だという意見もあります。私の主治医はADHDに精神療法の面からアプローチすることには否定的でした。私個人の意見としては、人によっては効くかもしれないが、基本的にはADHDは脳の先天的な疾患なので、薬物療法の方が効果があると思っています。あくまで素人の意見なので、参考程度にとらえていただけますと嬉しいです^^。

もし大人のADHDに精神療法が効くとすれば認知行動療法(CBT)が一番有効かもしれません。アメリカのある研究では、成人期のADHD(要は大人のADHD)の半分近くに薬が効かないケースがあり、その場合、認知行動療法を応用するべきとしています。

また大人のADHDは、うつ病や双極性障害、薬物依存などと併発しやすいため、その意味でも精神療法が有効な可能性も示唆されています。

認知行動療法によるADHDの治療に興味がある方のための、オススメ参考文献→『大人のADHDの認知行動療法<本人のためのワークブック>

 

おわりに-大人のADHDを抱えて生きていくということ

大人のADHDの厄介なところは、「発見が非常に難しい」点にあります。ADHDの発見が難しい理由はいくつかありますが、最大の原因は「専門家の不足」です。精神科医でもADHDやアルペルガーなどの自閉症スペクトラム障害に詳しくない先生も少なくありません。

私の場合、8年間、うつ病で通院し、病院の都合でたまたま主治医が変わったタイミングで、その先生が自閉症スペクトラム障害に詳しかったので、ADHDを発見することができました。

ちなみに、ADHDは臨床心理士による、6時間くらいかかる検査で診断します。この検査のことをWAIS(ウェイス)と言います。WAISでは知能の検査やロールシャッハテストなど、様々な角度から自閉症スペクトラム障害かどうかを判定します。WAISでは様々な能力が測られますが、大別すると、言語IQと動作IQを検査します。

ADHDの場合は、言語IQの方が高く、動作IQの方が低い傾向があるそうです。

「少しでも自分は大人のADHDなんじゃないか?」と思った方は、迷わず、WAISを受けることを強くオススメします。保険適応で受けられる検査です。下記に大人のADHDにありがちな症状のリストを用意しました。参考までにご利用下さいませ。

ADHD傾向が疑われる主な症状

  1. 金銭管理が苦手である。
  2. 遅刻してしまうことが多い。
  3. 仕事などで、最後の詰めが甘い。
  4. 計画的に作業をすることが苦手で、どちらかというと場当たり的だ。
  5. 一つの問題について長い時間じっくりと考えることが苦手だ。
  6. 会議や授業など長時間じっと座っていることが苦手だ。
  7. ついつい衝動的に、よく考えずに物事を行ってしまうことが多い。
  8. 朝すみやかに寝床から起き、身だしなみを整えることができない。
  9. なぜか周囲との対人関係がうまくいかない。
  10. 周囲に「落ち着きがない」とか「うるさい」と言われることが多い。
  11. ギャンブルやタバコなど特定のことに依存しやすい。

大人のADHDには、上記のような特徴が出ることが多いです。多くの項目に当てはまる場合は精神科でWAIS検査を受けることを強くお勧めします。ADHDはストラテラやコンサータなど良い治療薬のある病気です。発見することで生きる上での問題解決に役立ちます。

また、35人に2人はADHDなどの自閉症スペクトラム障害を抱えていると言われています。学校で1クラスあれば2人は発達障害を抱えた人がいる計算です。発達障害はけっして珍しい病気ではありません。

私は、ADHDが根本的な原因で、うつ病になってしまいました。ADHDは気分障害と併発しやすいので、早期発見、早期治療で気分障害との合併を防ぐことにもつながります。私の場合、かれこれ10年間もうつ病で苦しんでいます。うつ病は必ず治る病気ですが、長期化しやすく、とても辛い病気です。私と同じような体験を誰にもしてほしくありません。そのためには、検査が大切です!

 

おわりに「その2」

大人のADHDやアスペルガー、うつ病や双極性障害は周囲にもなかなか理解されず、辛い想いをされる方も多いと思います。この記事では、私個人のADHD&うつ病の体験記と基礎知識を紹介しました。あくまで素人の一個人の意見として、参考程度に役立てていただけると幸いです。

末筆で大変恐縮ではございますが、読者様のご健康を心より祈念しております。

 

【当ブログ内の関連記事】

「コンサータが効かなくなる」日がついに訪れた!?

【うつ病と大人のADHD】コンサータの休薬日は無気力MAX?

コンサータってちょっと気持ちよくなりますよね

 

[AD]大人のADHDワークブック

 

[PR][うつ病におすすめ!]〈増補改訂 第2版〉いやな気分よ、さようなら―自分で学ぶ「抑うつ」克服法

 

あわせて読みたい