【入門者のエクセルVBA】セルに文字を表示する2つの方法とは


エクセルVBAを利用してセルに値を代入するサンプルプログラムです。

VBAでセルを指定するにはRange(“セル名”)Cells(行番号,列番号)のどちかを用います。

例えば、Range(“A1”)はA1セルを表します。

また、Cells(2,2)は2行目のB列を表すので、B2セルのことです。

行は番号なので直観的にわかりやすいですが、列はABCDEFとアルファベットなので最初はちょっととっつきにくいかもしれません。

Cellsは数値でセルを指定できるので、繰り返し構文などで重宝します。

また単に、Range(”A1”)と指定した場合は、アクティブなシートのA1セルを意味します。

アクティブではないシートのセルを指定する方法は2個目のサンプルプログラムで解説します。

Cells(3,2)は3行目の2列目なので、B3セルですね。

セルに値を代入する場合はセルを指定してから、さらにValueプロパティに値を入れます。

今度は、アクティブではないシートのセルに値を入れる方法を学びましょう。

まずはサンプルプログラムを見てみましょう。

アクティブではないシートのセルに値を入れるには2つの方法があります。

Worksheets(“シート名”).Range(“セル名”).Value = 値

Worksheets(左から数えて何番目のワークシートか).Range(“セル名”).Value = 値

ワークシートの指定方法も、ワークシート名を文字列で指定する方法と、左から数えて何番目のワークシートなのかを数値で指定する方法の2つがあります。

どちらを用いても構いませんが、シート名が勝手に変更されそうなときは、何番目のシートなのかを数値で指定した方が間違いがないでしょう。

 

[PR]Excel VBA 本格入門 ~日常業務の自動化からアプリケーション開発まで~

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA