超役立つ!ブログのための「文章術」の基本知識とテクニック【9選】


1、ブログのための文章術の大原則

ブログにおける文章術の大原則は、読み手に素晴らしいサービスを提供することです。その結果、読者の利益に貢献することが大切です。例えば検索エンジンで[ブログ アクセスアップ]というワードで閲覧してきたユーザーに対しては、ブログのアクセスを上げるコツをわかりやすく伝えることはもちろん、本当にアクセスアップにつながる、とっておきのポイントを紹介します。

ここで意識すべきは「文章のゴール」です。先ほどの[ブログ アクセスアップ]という検索ワードから流入してきた読者の運営しているブログのアクセアップを実際に実現することが、この例における「文章のゴール」になります。

このような意味で、文章とは、クライアントの問題を解決するためのサービスなのです。

2、文章は情報収集で80%決まる

文章の完成度は収集した情報の質で80%決まります。新鮮で優れた素材からしか、高級料理を作ることができないのと全く同じです。すぐれた情報や適切な事実からしか、素晴らしいサービスとしての文章を作ることはできません。

そのため、もし10時間あげるので、なるべく良い文章を書いて下さいという課題を与えられたとしましょう。その場合、少なくとも、6時間~7時間は情報収集に時間を使うべきです。

3、ブログ読者に期待する反応をあらかじめ決めておく

文章にはゴールがあります。文章を構成する前に必ずブログの読者に期待する反応を決めておきましょう。あるテーマで、文章を書いて、ユーザーは、どのような利益を得て、何について喜ぶのかを想定しておくということです。例えば[パエリア レシピ 簡単]という検索ワードをねらった文章であれば、「時間の無い忙しい読者でも、素早く簡単に、とてもおいしいパエリアを作れて嬉しい!」という反応を予め決めておくといいでしょう。

4、読者の負担を減らす「読み手は、忙しい、しかも文章を読むモチベーションも限られている」

大前提として、読み手は忙しく、文章を読む気力も限られています。従って、読み手に極力、負担をかけない文章を書きましょう。例えば結論から書くのは良い方法です。最悪なのは、結論が文章の最後の方に登場するようなケースです。

5、ブログでネタ切れに困ったら「書く」をやめて「読む」ことに専念する

ブログのネタ切れには2つの原因が考えられます。1つは思考の不足です。その場合はもっと深く考えましょう。そして一番多いのは2つ目の原因です。すなわち、情報収集の不足です。素材が不足していて書けない場合は、参考資料を読むことに専念してから、もう一度、作文に戻りましょう。

6、「自分だったら、その文章を読みたいか?」と自問自答する

文章が8割がた完成したら、「自分だったらこの文章を読んで嬉しいか?」と自問自答します。そうすることで、文章の中の「イケてない部分」が見えてきます。そういう箇所を発見したら改善案を考え、実行します。

7、仕上がった文書は一度、音読してみて不自然な表現がないかをチェックする

音読してみることは、シンプルですが、強力な方法です。音読することで読みにくい表現を発見することができます。

8、その表現、もっと具体的に書き直せませんか?

一般に、抽象的な表現よりも、具体的な表現の方が、3倍も4倍も相手の心を動かします。

9、できれば自分の体験談を織り交ぜる

もし、その文章について自分の体験談があるならば、本文に織り交ぜると、説得力や臨場感が増して、より良い文章になります。

 

[PR]人を操る禁断の文章術

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA