【対処法まとめ】iphoneが充電できなくなった


先日、急にiPhoneが充電できなくなったので、あらゆる対処法を試してみた結果のまとめです。

1、Lightningケーブルの故障

今回、我が家のiPhoneが充電できなかった原因がこのLightningケーブルの故障でした。もう二本目の故障になるんですけどね。多分、一番多い、充電できない理由はLightningケーブルの接触不良です。

お高いものでもないので、少しお金がもったいないですが新しいものを買えば改善します。

2、OSの不具合

iPhone本体のソフトウェア的問題で充電できないことがあります。OSの不具合ですね。この場合、iPhoneを再起動することで、回復します。お金のかからない方法なので、まずは最初に試してみて下さい。充電できるようになるかもしれませんよ!

3、電源タップの故障

電源タップ経由で充電している場合は要注意です。電圧が足りなかったり、電源タップの不具合の可能性があります。その場合はコンセントに直にさしてみましょう。

4、コンセントの接触不良

コンセントそのものが壊れていることも稀にあります。その場合、違うコンセントに差し込めばiPhoneを充電できるかもしれません。

5、アダプターの故障

滅多にないですが、アダプターが壊れている可能性もゼロではありません。アダプターとは、ケーブルをさす四角いやつです。家族や友人のアダプターを借りて、他のアダプターだとちゃんと充電するか試してみましょう。尚、その際にケーブルは自分のものを使用しましょう。ケーブルが原因でiPhoneが充電できないだけの場合、友人のケーブルが元気だと、アダプターが壊れていると勘違いしてしまいますからね!

6、iPhone本体の接触不良

iPhoneの充電ケーブルの差し込み口にゴミなどがたまって接触不良を起こすことがあります。その場合は綿棒でゴミをかき出してあげれば、充電できるようになる可能性が高いです。

 

当サイト一押しのケーブル

Anker PowerLine ライトニングUSBケーブル 【Apple MFi認証取得 / 防弾仕様の高耐久ケブラー素材 / 結束バンド付属】iPhone、iPad、iPod各種対応 (0.9m ホワイト) A8111021

今回、母のiPhoneのケーブルがご臨終して充電できなくなったので↑を購入しました。なかなか良いです。