【大人のADHD】コンサータってちょっと気持ちよくなりますよね


コンサータで気持ちよくなる!?

大人のADHDの治療薬、コンサータ。私の場合、飲むとちょっと気持ちよくなることがあります。少しハイになる感じです。で、いろいろなことをやりたくなります。集中力は、ものすごく高まります。これは脳内のドパミン濃度が高まることから起きると考えれます。

コンサータを飲んで気持ちよくなるのは、コンサータに覚せい剤的な物質が含まれているせいです。その名もメチルフェニデート。医療用途ではADHDの治療とナスコプレシーの治療に認められています。それ以外の用途で用いることはできません。禁止薬物です。

でも、コンサータに依存性はありません。とても安全なお薬です。気持ちよくなることはありますけどね!

コンサータで気持ちよくなっていいの?

コンサータは安全な薬なので、なんとなく幸せな気持ちになっても問題ありません。私の体験から言うと、コンサータで気持ちよくなったところで、それが依存につながることはないです。心配な場合は医師に相談するといいでしょう。コンサータ以外にもADHDの治療薬はありますので。

実際、私の場合は、週に2日から3日、休薬日を設けています。もし依存していれば休薬日に我慢できなくなってコンサータを服用するはずですが、特に意識して我慢しなくても、別に普通に飲まずにいられます。

むしろ、コンサータで気持ちよくなるのは、素敵な作用です。と私は思います。

というのも、私がうつ病で苦しんでいるからです。コンサータは依然はうつ病の治療薬でした。なので、ADHDが原因でうつ病も発症している場合は、コンサータのおかげで、うつの症状も軽減できるのです。

個人的にはコンサータをうつ病に適応していいと思うのですが、乱用されたり、売買されたりする社会問題にもなりかねないので、禁止されているわけですね。

新薬に期待、ドパミンを増やす薬

今のうつ病治療薬の中で、ドパミンに作用するのは、エビリファイだけです。それ以外の薬は、セロトニンやアドレナリンには作用しますが、ドパミンには作用しません。

選択的にドパミンの再取り込みを阻害し、脳内のドパミン濃度を高める薬が開発されているそうです。そうした新薬に期待がふくらみますよね。

ドパミンは意欲と深い関係があるので、うつ病の最大の敵といってもいい「無気力」に効果の出る薬が発売されるといいですね。

【当ブログ内の関連記事】

【大人のADHD】コンサータの服用体験談を徹底紹介!ついでにストラテラも!

「コンサータが効かなくなる」日がついに訪れた!?

【うつ病と大人のADHD】コンサータの休薬日は無気力MAX?

コンサータってちょっと気持ちよくなりますよね

 

[PR]マンガでわかる大人のADHDコントロールガイド

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA