【コンサータ】現在のうつ病治療ではドパミンを軽視しすぎていると個人的には思う。

Pocket

うつ病は意志力の低下や意欲の減退をしばしば伴います。(自分の体験談)。そして意欲に最も関係している物質はセロトニンでもアドレナリンでもなく、ドパミンです。

しかし、現在のうつ病治療薬でドパミンに働きかけるのは、エビリファイくらいなものです。エビリファイはドパミンシステムスタビライザーと呼ばれています。要は脳内のドパミン濃度が高すぎれば下げ、逆にドパミン濃度が低すぎれば高めるという便利な薬です。

しかし、最近では、脳内のドパミン濃度を高める抗うつ薬の治験がはじまっているそうです。一旦、脳内に放出されたドパミンが、消失することを邪魔するお薬です。そのため、ドパミン再取り込み阻害薬などと呼ばれます。

またドパミンにはいくつかの受容体があり、その中でもドパミン3受容体はうつ病との関連が指摘されています。このドパミン3受容体を刺激する薬が開発されるのが待ち遠しいですね。なぜなら、脳内のドパミン濃度を高め、うつ病の中でも最も厄介な症状である意欲の低下や無気力に効果を発揮すると考えられるからです。

ドパミンは意欲に直接的に関係する神経伝達物質ですからね。私の場合はうつ病だけではなくADHDも発症しています。というかむしろ、ADHDがベースにあって、そこから二次的な障害としてうつ病になってしまいました。ADHDの治療薬の代表格であるコンサータは、脳内のドパミン濃度を高めるので、私の場合、ADHDの症状が少なくなるのはもちろんのこと、うつ病からくる意欲の減退にもかなり大きな効果を発揮してくれております。

なんせコンサータを服用する前は無気力すぎて、入浴したり、コンビニに買い物に行くのも本当に難しかったくらいですので。そうした極度の意欲減退を完全になくしてくれるコンサータには、物凄く助かっています。

でもコンサータはADHDと診断された方にしか処方されないので、うつ病からくる意志力の低下に悩んでいる方には処方できないのです(昔はコンサータの主成分であるメチルフェニデートは長引くうつ病の治療薬でしたが、近年ではうつ病への使用が禁止されています)。

是非とも、セロトニン、アドレナリンだけではなく、もっと積極的にドパミンの調整を利用したうつ病の治療薬が出て欲しいものです^^。

「PR」マンガでわかる大人のADHDコントロールガイド

【関連記事】

あわせて読みたい

Amazonスポンサードリンク