【体験談】うつにも大人のADHDにもめっちゃ効くコンサータ、不思議とたまにほとんど効かないときがある


コンサータはうつにも大人のADHDにも効果抜群

コンサータは、元々、難治性うつ病の治療薬としても用いれていた成分(メチルフェニデート)を含んでいるので、大人・子供のADHDだけではなく、うつ病の症状にも効果的です。私の体験談では、うつの面では特に意欲や気力の改善に優れた効果を発揮しました。

私は、いわゆる大人のADHDが引き金となって、うつ病を発症しました。なので、ADHDと、「うつからくる無気力」に抜群の効果を示すコンサータは、私にとっては本当に素晴らしい薬です。正に福音です^^。

コンサータ先生は、唯一胃に負担がかかる点が厄介なんですけどね^^;。でも、そこは、なんとか、ガスターなどの胃薬でカバーできる範囲なので、実質的には、「コンサータ最強!」って感じです。ありがたや、ありがたや^^;。

素人考えですが、ごく個人的には、また昔みたいにコンサータの主成分であるメチルフェニデートを難治性の長引くうつ病治療に適応してもいいと思うんですけどね。

私の個人的見解では、「リタリン(コンサータと同じ主成分を含む)は、危険度が高い薬」というイメージがあるので、うつ病に適応すると、また社会問題になりそうなので、微妙だと思います(リタリンがうつ病に適応されていた頃、あまり良い使い方をされず、多くの社会問題を引き起こした)。

でもコンサータは依存性もなく、安全性も高いというのが私の個人的な感想です。そういう意味では、「ドパミンの再取り込み阻害薬(脳内のドパミン濃度を高める薬、ドパミンは、特に無気力に効果がある)」が市場に出回るまでの間だけでも、コンサータをなかなか治りにくいうつ病に対してならば、適応してもいいと思うのですが、どうなんでしょうね。素人考えなので、深い事情は分かりかねますがorz。

コンサータがなぜかぜんぜん効かない日がある

効果抜群のコンサータちゃんが、なぜか、ぜんぜん効かない日があります。週に1回くらいそういう日があります。普段はバリバリ効くんですけどね。

私の体験談を分析してみるとコンサータが効きずらいのは以下のようなときです。

  • 寝不足などで疲れ切っているとき。
  • 爆弾低気圧などで自律神経がめちゃくちゃに乱れまくっているとき。

不思議と疲労がたまっているときってコンサータの効き目が異常に悪いんですよね。なんでかはさっぱり分かりません。また低気圧のせいで自律神経が、こてんぱんに、やられてしまっているときも、私の場合は、ほとんどコンサータの効き目が出てくれませんorz。

ちなみに自律神経がぶっ壊れているときは、デパス(気分安定剤)も全然、効きません。

低気圧と薬の効き目には何か不思議な関係性があるのでしょうか。素人の私にはさっぱりサラダですが…(笑)

 

以上、コンサータは、効かないときも、たまにあるという個人的な体験談でした^^。

 

[PR]マンガでわかる大人のADHDコントロールガイド

 

 

【関連記事】

あわせて読みたい