【大人のADHD】コンサータの体験談をズバっと紹介します!


コンサータとは

コンサータとはメチルフェニデートという物質を、徐々に放出して、ADHDの症状を軽くするお薬です。徐々に放出するという点がポイントです。メチルフェニデートを一気に放出してしまうと、脳内のドパミン濃度が短期間に急激に高くなるので、とても幸せな気分になります。そうすると、それが非常に気持ちいいので、依存してしまうリスクが出てきます。

ちなみにメチルフェニデートを一気にたくさん放出してしまうカプセル状の薬品が悪名高いリタリンです。リタリンは短期間にたくさんドパミンを増やすので、うつ病などで無気力になっている状態に対して効果抜群なのですが、あまり良い使い方をされなかったこともあり、現在ではリタリンをなかなか治らないうつ病に適応することは禁止されています。唯一、ナルコプレシーという突然、強い眠気に襲われてしまう病気にのみ用いることができる薬です。昔はリタリンもうつ病の治療薬だったんですけどね。

一方、コンサータの場合は、リタリン同様に、その主成分はメチルフェニデートという覚せい剤ですが、非常に硬いカプセルにレーザーで小さな穴を空けてあります。そして12時間かけて、その穴から徐々にメチルフェニデートが染み出すイメージです。なので、「除放製剤」なんて呼ばれ方をします。

コンサータは12時間かけて徐々に覚せい剤であるメチルフェニデートを放出させます。そのため、急激に脳内のドパミン濃度が上昇することはなく、依存のリスクもありません。

このような特徴から、コンサータは強力で安全なADHDの治療薬として活躍しています。

大人のADHDの特色とその発見方法

大人のADHDの特色その1

大人のADHDの特色を一言で表せば「不注意」です。具体的には、遅刻癖やケアレスミスが目立ちます。症状が重い場合は、じっとしていることが難しく、特に意味のない動作をします。なので会議や授業などじっとしていることが求められるシーンで、苦しむことになります。また勉強面でも、じっとしていられないことは大きなデメリットになります。

また衝動性が高い場合は、衝動買いをしやすく、お金の管理が苦手だったりします。あるいは、転職などの重要な意思決定を衝動的にしてしまって、失敗してしまうこともあるでしょう。また、心の中で思っていることを衝動的に口に出してしまい、それによって人間関係で困ることもあるかもしれません。

大人のADHDの特色その2

治療的な目線から見ると、大人の発達障害(ADHDやアスペルガー)は発見されにくいという特徴があります。これはかなり厄介なポイントです。病気を見つけなければ、治療も何もあったものではありません。確かに、別に発見されなくても、学生生活や会社生活に問題が無ければ、そのままでも、大きな障害にはならないかもしれません。

しかし、なぜか学校や会社に溶け込めない。なぜか人間関係のトラブルを起こしてしまう。とにかくなんでか分からないけれども、うまくいかない。という場合に、そうだ発達障害を疑おう!検査しよう!とはなかなか思わないものです。どちらかと「自分の性格の問題だ」と考えて、自分を責めてしまいがちです。自分を責めることにはなんのメリットもありません。心をすり減らしてしまうだけです。

場合によっては、うまくいかない実生活と、自分を責める気持ちから、どんどん自信を失ってしまうかもしれません。そうなると、うつ病を発症するリスクも高まります。実際、統計的に見て、ADHDやアスペルガーなどの発達障害を持っている人はうつ病にかかりやすいことが分かっています。

そういった背景から、大人の発達障害は、適応障害やうつ病といった他の病気で精神科を受診して、発覚するケースが多いようです。私の場合は、うつ病で5年間通院して、ようやくADHDであることが分かり、コンサータを処方されました。病院の都合で、主治医が変わり、新しい先生が発達障害に詳しい方だったのが幸いしました。

このようにとにかく「見つかりにくいこと」が大人の発達障害の大きな特色です。

自閉症スペクトラムとしてのADHD

ADHDやアスペルガーは自閉症スペクトラムの一種です。自閉症スペクトラムというのは分類の名前で、ADHDも、アスペルガーも自閉症スペクトラムです。例えば、トヨタも日産も「自動車の会社」ですよね。それと同じ関係です。ADHDを発見するにはまず、自閉症スペクトラムかどうかを診断しなければなりません。

自閉症スペクトラムの診断はWAIS(ウェイス)という心理検査を受ける必要があります。私の場合は、担当の精神科医ではなく、臨床心理士の方に検査をしてもらいました。検査は6時間もかかります。長いです。途中、トイレ休憩をはさみながら、様々な試験を受けます。例えば、言葉の意味を問われたり、インクの染みが何に見えるかを調べたりします。WAIS(ウェイス)は保険適応で受けることができます。

これらに加えて、ADHDの検査も、問診票の形式で実施されるので、自閉症スペクトラムかどうかだけではなく、ADHDかどうかもハッキリします。

コンサータの悪評は誤解だと思います<体験談その1>

コンサータの主成分はメチルフェニデートです。メチルフェニデートは覚せい剤の一種です。もしコンサータを個人輸入しようものなら、麻薬取締法違反で逮捕されます。またコンサータは覚せい剤の一種であるメチルフェニデートを含むので、薬を生産してから患者さんの手元に届くまでのプロセスは、厳しく管理されています。

こういう事情から、マスコミも含めて、コンサータには悪い評判がたっていますが、私は、そうした悪評は単なる誤解だと思っています。

「覚せい剤の危険性」と聞いて、どんなことをイメージするでしょうか。多くの方が「薬物依存」をイメージするのではないかと思います。

しかし、実際に私がコンサータを飲んだ経験では、1ミリも薬物依存症的な状態にはなりません。コンサータと薬物依存はなんの関係もないです。薬が切れたからといって飲みたくなるわけでもありません。例えばコンサータを服用する際は、コンサータを飲まない日を、あえて作るようにします。

なぜなら、連用していると、コンサータが効きずらくなるからです。平日、会社で働いている方の場合、土日はコンサータを飲まない日にしている方が多いようです。こうしたコンサータを飲まない日を俗に休薬日(きゅうやくび)と呼びます。

このように週に2日程度、休薬日を、設けるわけですが、「休薬日にコンサータを飲みたくてどうしようもなくなる」なんてことは一切ありませんでした。このことからも依存性が無いことが分かると思います。

あくまでこれは私の個人的な体験談から言えることにすぎませんが、コンサータは安全な薬です。悪評はあまり正しい批判とは言えないと思います。私の主治医は何人かのADHDの患者さんにコンサータを処方した経験があるそうです。しかし、薬物依存が出たことは一度もないとおっしゃっていました。

コンサータを飲んで何がどう変わったか<体験談その2>

コンサータの主成分であるメチルフェニデートは、昔は、なかなか治らない手ごわいうつ病の治療薬として使われていました。なぜならメチルフェニデートはADHDだけではなく、うつ病にも効く物質だからです。なので、ADHDの改善だけではなく、うつ病の症状も改善しました。コンサータで良くなった症状は以下の通りです。

  • 【ADHD関係】「衝動買い」が激減し、お金の管理が上手になった。
  • 【ADHD関係】遅刻が無くなった、時間の管理が上手になった。
  • 【ADHD関係】集中力が出て、長い時間、じっと読書をできるようになった。
  • 【うつ病関係】極度の無気力が完全に治り、健康だった頃と同じレベルの意欲が出た。
  • 【うつ病関係】過眠(寝すぎること)が改善し、1日13時間睡眠が、7時間睡眠になった。
  • 【うつ病関係】疲れやすい感じが大幅に良くなった。

これはあくまで個人的な感想です。薬は人によって効き方が千差万別なので参考程度に考えていただけると幸いです。しかし、実に良く効く薬だと私は感じています。

ちなみに、私のコンサータ歴は約1年半です。

コンサータは大人のADHDの最善の救済策

これもあくまで「私の場合はそうだった」という話にすぎませんが、私個人に関して言えば、コンサータは大人のADHDの最善の救済策として機能しています。私は、ADHDが原因でうつ病を発症しましたが、コンサータのおかげで病気になる前の健康な状態にかなり近いと言えるレベルで病状が改善しています。

コンサータのデメリットもあるよ

私が個人的に感じている、コンサータのデメリットを挙げてみたいと思います。

  • 胃腸にかなりの負担がかかる。特に食欲は減る。また便秘にもなる。
  • コンサータが切れたときに、軽い頭痛がする。
  • 休薬日を週に2日設けているので、この2日間はコンサータの恩恵を受けられない。
  • 1回の服用で10~12時間しか効かないので、起きている時間全部をカバーできない。

但し万人に効くとは限らない、お値段も高いしね!

何度も申し上げますが、薬の効き目は十人十色です。私にいい感じにコンサータが効いたからといって、他の方にも同じように効くとは限りません。実際、私の彼女の友人がADHDが発覚して、コンサータを服用することになったそうです。しかし、全く効き目を感じられないし、薬の値段も高いので、服用をやめたそうです。

このように万人に効くとは限らない点には注意が必要です。また値段も高いので、自立支援医療制度などを利用して、医療費を少なくする工夫も必要かもしれませんね。

 

[PR]マンガでわかる大人のADHDコントロールガイド

あわせて読みたい