話を聞くときのポイントとコツ


話を聞くときのポイントやコツはたくさんあります

中でも基本的で重要なコツは相槌をしっかりとうつことです。

「うんうん」「そうなんだぁ」「なるほどねー」となるべく相槌のバリエーションを増やすといいでしょう。

またちゃんと聞いていることを相手に伝えるためには少しオーバーなくらいに相槌を打つことも有効です。

禁句は「わかる、わかる」です。

こう言ってしまうと相手によっては「私の気持ちなんて本当に分かるのかな」という不信感を持ってしまうのです。

話は変わりますが、しゃべりすぎないことも重要です。

当たり前ですがこちらからペラペラとたくさんしゃべってしまえば相手が聞き手に回ってしまって、こちらが話を聞くことができません。

発言は最小限にとどめておいて、相手に話す機会を提供することが大切です。

あわせて読みたい