話し方のコツを理解すればコミュニケーションがグッと楽になる


話し方のコツ

会話では、自分の主張をすることは二の次です。会話のコツは相手の話を深く聞くことです。話し方のコツというと、「どういうことをしゃべればいいか?」だと思っていませんか。しかし実際はその正反対なのです。

「何を言えばいいか」という課題設定を改めないと話し方は上手くなりません。しかし、多くの人は、この点を勘違いしているために、会話上手になれずに悩むのです。

「聞く」とはどういうことか

聞くとは、ただ相手の話に耳を傾けることではありません。これはあくまでイメージですが、相手の話している内容を全部暗記できるくらい深く聞くことが、「聞く」ということです。そのくらい真剣に聞きとらないと、相手は「この人は話を聞いてくれてるな」と感じないものなのです。それに相手の「想い」も真摯に聞かなければ、その真意を理解できません。徹底的に相手を知ることこそ会話のコツなのです。

聞くためには共感する

共感の基本は相手の意見を肯定することです。ときには自分の価値観的に肯定しにくい内容もあります。そういった場合でも、相手の意見を肯定的に聞きます。相手は自分の考えが否定されたと感じると、話すのをやめてしまいます。しかし、話してもらわなければ、当然、聞くこともできません。

どんな主張にも、ほんの少しだけ賛同できる部分が含まれているものです。そのほんのわずかな同意できる部分にフォーカスすることが、受け入れにくい主張を肯定的に聞くコツです。少し勇気のいることですがよっぽど受け入れ難い酷い意見でもない限り、なるべく肯定するように工夫しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA